コンテンツへスキップ
デトックスとダイエット 〜栄養士のColumn Vol.40

デトックスとダイエット 〜栄養士のColumn Vol.40

梅雨が来て、もうすぐ夏。
夏が近づいてくるにつれて、自分のカラダに改めて向き合う方も多いと思います。

「痩せるために」、「デトックスするため」と、食物繊維をたくさん摂るために野菜を食べるなど、よくダイエットをする=デトックスすると捉えることが多いと思います。
もちろん、ひとそれぞれの捉え方があるので間違ってはいないのですが、デトックスをすることは、ダイエットだけでなく、カラダへさまざまな良い影響を与えてくれます。
今回はそれらについてをお話していきたいと思います。

そもそもデトックスとは、日本語の意味合いで言うと「解毒」です。
生理学的・医学的に生物の体内に溜まった有害な毒物を排出させることですが、毒と聞くとなんだかゾッとしますね。
しかし、人間は何かしらカラダに不必要なもの=毒をため込んでいるそうです。

私たちが日々生活している中で、水や空気、そして食べ物などには、化学物質や有害金属など知らないうちにカラダにため込まれてしまうとのこと。
アルコールやタバコ、残留農薬、汚染物質や殺虫剤に至るまで、生活のあらゆるところに毒素が潜んでいます。
特に、アルコールを過剰摂取しがちな方は、むくみ、腹部膨満感や不眠の問題が起こりやすくなっているそうです。
この原因は、体が処理する毒素が増加していることも絡んでいるそうです。

また、ストレス社会で生きている私たちにとって、ストレスを受けると発生してしまう活性酸素も、身体の中で作られてしまう毒です。
活性酸素は、ある程度は体によい働きをしてくれるものもあるのですが、量が多くなったり蓄積してくると、さまざまな体の不調が起こってきます。生きる上で酸素は必要なものですが、呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部は、通常の状態よりも活性化された活性酸素となります。
活性酸素は、体内の代謝過程において様々な成分と反応し、過剰になると細胞傷害をもたらします。

活性酸素は年齢とともに増えるとも言われていますが、ストレスや食品添加物、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線などが原因と言われています。
カラダに活性酸素が蓄積していくと、カラダがサビて老化が進むことによりシワ・白髪が増えたり、がんや生活習慣病などの病気にかかりやすくなったりすることもあります。

身体に入ってしまった毒素、作られてしまった毒素を、「いかに多く出すか」が重要になってきます。
デトックスをしてカラダをリセットしたいですよね。
デトックスの本質は、体を適切にサポートすることだと言われています。
具体的にどのようライフスタイルに取り入れていくかをご紹介します。

1. 食生活
解毒に役立つ食材としては、食物繊維が豊富なゴボウ、こんにゃく、れんこん、寒天などです。
また、カリウムを多く含むりんご、バナナ、ニンジン、きゅうり、海藻類は、利尿作用があり排出力を高めてくれます。
デトックスをする食生活を送るには、腸内環境を整えることが大変重要です。
腸内環境を整えるには、食物繊維が欠かせません。食物繊維は便通を良くするだけでなく、乳酸菌やビフィズス菌といった体によい作用をもたらす善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えます。
最近では、腸内にいる免疫細胞を刺激して免疫力を高めていることがわかってきました。
デトックスを行うことは免疫力を高めるということでもあります。
また、ニンニクやニラ、玉ねぎなどの硫黄化合物や、ほうれん草やパセリに含まれるクロロフィルといった成分は解毒機能を高める成分として知られています。これらを意識した食生活を送ることがポイントです。
避けた方が良いものは、アルコールやカフェインを多く含むもの、食品添加物を利用している加工食品です。

2. 定期的な運動
カラダを動かすことで排出力UPにつながると言われています。
汗をかくと気持ち的にもスッキリしますよね。
ランニング、ウォーキング、ストレッチなどの運動は新陳代謝を良くし、筋肉を使う事で血行を促し、毒素の排除を促すことに期待ができます。
また、温泉、サウナ、よもぎ蒸し、半身浴などカラダを温めることも、循環を促し、筋肉の緊張を和らげて心のバランスを整える働きもあります。

3.メンタルケア
心に溜まってしまう毒とも言っても過言ではないストレス。
そういった時には、心のデトックスが必要です。
自然を感じる、運動をする、瞑想をする、音楽を聴く、好きな香りをお部屋にとりいれる等リラックスした状態や空間を取り入れてみてください。
自分に合ったストレスケアをすることがポイントです。

4.水分補給をしっかりと
水は人間にとってとても大切なものです。
デトックスにも欠かせません。
水分不足になると血流が悪化して細胞に栄養が行き届かなくなり、代謝が落ちてしまいます。
さらにデトックスがうまく行われなくなる可能性も。
1日に必要な水分摂取量は約1~1.5Lと言われており、起床時、入浴や運動の前後、食事中などのタイミングに、1日数回に分けて常温のお水をコップ1杯ずつ飲むようにすることがおすすめです。
エナジードリンクやアルコール、カフェインなどの水分は避け、硬水、軟水、無糖の炭酸水、水素水などを選んでみてください。

体内の有害物質や老廃物を排出し、本来の循環機能を回復させ、代謝を活発にするデトックス。
血行がよくなり、冷えや肩こり、むくみなどといったお悩みの解消に期待できます。
デトックスをするライフスタイルを送ると、心もカラダも健康的になり、生活習慣を見直すきっかけにもなると思います。
腸の環境も併せて整えてくれることにも期待できるので、免疫力UPにも繋がります。
無理のない範囲でデトックスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

デトックスにもお勧めなプロテインブレンド はGRØNのグリーンモンスターです。

——————————————————
栄養士・食育指導士・食の6次産業化プロデューサーlevel4
石原綾子

ヘルスケア分野での栄養指導、アグリビジネスのプロフェッショナル。
ミスワールド日本候補生に向けた講演会など、美や健康に特化した分野をフィールドに様々な活動を行なっている。

「食を通して心と身体を豊かにし、人と地域がつながる生き生きとした社会を実現する」を理念に掲げ2013年に、株式会社アイ・フィールドを設立、代表を務める。
各地域で野外レストランを開催する「DINING OUT」の食材TEAMや、ファッションブランドのプロジェクトに中心メンバーとして参画。
また、地域食材のPR、「健康」や「美容」に特化した商品開発プロデュース、ブランディング、コンセプト設計、食品衛生、販売促進プロモーション、研修企画運営等に携わっている。GRØNの商品開発では栄養面での監修を担当。消費者の健康に、より効果的に取り入れる方法を提案している。

——————————————————

ABOUT US私たちについて

身体の中で旅をする。
植物性プロテインとスープ。

食の未来はいにしえの叡智にあり。
力強く息づく植物、人々と触れる中でこの教えに辿り着きました。

飛行機から降り立った瞬間、知らない土地の香りに出会うように、
立ち並ぶ大きなビル街に反射する光に負けないように、
GRØNはあなたの身体の中で旅をします。

目まぐるしく過ぎる日々を支えるこの一杯で、
自分本来のエネルギーを取り戻してください。