COLUMN / RECIPE

10 / 30 / 2019

動物性、植物性プロテインの違い 〜栄養士のColumn Vol.4

プロテインと聞くとみなさんどんなイメージをしますか?
例えば、スポーツ選手やボディビルダーが飲むもの、筋肉がムキムキになる、飲むと太る・・・とういイメージをされる方が多くいらっしゃると思います。

実は、スポーツや筋肉だけではなく、肌荒れがひどい、髪がぱさついている、爪が割れやすい等のお悩みの方にも、プロテインは大変おススメです。

人間のカラダは主に水分でできています。約60%が水です。その次に約20%がタンパク質(プロテイン)でできています。プロテインは英語ですが、語源はギリシャ語で「主要なもの」という意味です。つまり昔から人間にとって、必要な栄養素として世界中で認識されているということです。スポーツや筋トレの為だけではなく、プロテインは私たち人間が生きるために必要不可欠なものであり、毎日摂取すると栄養素として存在しています。

私たちが、普段から食事で摂取しているタンパク質は、特に鶏肉や卵、牛乳、豆類などです。
1日に必要なプロテインは、体重1kg あたり1gと言われています。

普段の食事でタンパク質を意識することが必要ですね。タンパク質は、20種類のアミノ酸が集まってできています。タンパク質を摂取すると、身体でアミノ酸に分解され、再度、体タンパク質に合成されています。

これを日々、私たちは繰り返し行っています。20種類のアミノ酸のうち、身体で合成できないアミノ酸、つまり食べ物から絶対に取らなければならないアミノ酸を必須アミノ酸と言います。必須アミノ酸は体内で合成できないことから、食事で必ず摂取する必要があります。

これらの必須アミノ酸は自然界のさまざまな動植物の中に含まれており、食事をバランスよく食べることで、これらのアミノ酸を外から補うことができるとも言われています。

タンパク質には大きく分けて動物性と植物性があります。どんなカラダになりたいかによって選択するプロテインが変わります。

動物性のプロテイン:動物に含まれているタンパク質です。例として、牛乳から作られるホエイプロテインがあります。素早い吸収が特徴的ですが、脂質も含んでいることから、筋肉を大きくしたい、身体を大きくしたいという方にはおススメです。

植物性プロテイン:植物に含まれているたんぱく質です。大豆たんぱくは、脂質をほとんど含んでいないため、すっきりとした身体で健やかなお肌や髪の毛など美容と健康にフォーカスした身体を作りたいという方におすすめです。

植物プロテインをもう少し詳しくご紹介します。ベジタリアンやヴィーガンといった菜食主義の生活スタイルを送る人も多くなってきていますね。強い日射しや激しい気温差など過酷な環境でも生き延びられる植物のチカラを、食事を通して取り入れることで健康や美容へ繋がると期待されています。

●ソイプロテイン
大豆由来のプロテインです。消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすく、ボディラインを引き締めたい方にはおススメです。また、女性に嬉しい大豆のイソフラボンも多く含まれています。
ソイプロテインを配合しているGRØNの商品はこちら

●ピープロテイン
ピープロテインの原料はエンドウ豆です。必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を多く含みます。この3つのアミノ酸を総称してBCAAと言います。鉄分やミネラルも含み、疲れをとりたい方や集中力をUPしたい方にもおススメです。

●ヘンププロテイン
麻の実をつりつぶして粉末にしたものです。タンパク質のみならず、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食品です。また、腸を刺激して蠕動運動を活発にする不溶性食物繊維と、腸の掃除をする水溶性食物繊維が含まれ、ダブルのチカラで腸内環境を整え、便秘や美肌に期待ができます。

●ライスプロテイン
お米から抽出・精製されたプロテインです。消化吸収が抜群で、たんぱく質の他にも美肌やデトックスに期待できるビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれます。アレルギー反応の可能性が低く、ホエイや大豆由来プロテインの摂取が難しい方に。

様々な種類のプロテイン。プロテインと言っても、作られる成分によって様々な効果がありますね。
食生活やお悩みに合わせてご自分にあったプロテインを選んでいただき、美容や健康のため、毎日の食事の中で不足しがちなたんぱく質を手軽に補うライフスタイルを送ってみてはいかがでしょうか?

<関連するGRØNの製品>

プロテインブレンド グリーンモンスター 20g /320円(税別)

プロテインブレンド レッドヒート 20g / 320円(税別)

パンケーキミックス & プロテイン 227g / 900円 (税別)

Script by Ayako Ishihara
Photos by Moeko Sawada and team Sano Minami Design Office

——————————————————-
栄養士・食育指導士・食の6次産業化プロデューサーlevel4
石原綾子

ヘルスケア分野での栄養指導、アグリビジネスのプロフェッショナル。
ミスワールド日本候補生に向けた講演会など、美や健康に特化した分野をフィールドに様々な活動を行なっている。

「食を通して心と身体を豊かにし、人と地域がつながる生き生きとした社会を実現する」を理念に掲げ2013年に、株式会社アイ・フィールドを設立、代表を務める。
各地域で野外レストランを開催する「DINING OUT」の食材TEAMや、ファッションブランドのプロジェクトに中心メンバーとして参画。
また、地域食材のPR、「健康」や「美容」に特化した商品開発プロデュース、ブランディング、コンセプト設計、食品衛生、販売促進プロモーション、研修企画運営等に携わっている。GRØNの商品開発では栄養面での監修を担当。消費者の健康に、より効果的に取り入れる方法を提案している。

——————————————————-